DreamCraft - インターネットサービス規約
インターネットサービス規約

第1条  (規約の適用)
        当社は、本規約に基づきnowインタ―ネットサ―ビス(以下、本サ―ビス)を提供します。契約者は
        本規約ならびにインタ―ネット利用のマナ―を遵守し、本サ―ビスの提供に係わる当社の指導に従うも
        のとします。
第2条  (契約者)
        契約者とは本規約を承諾の上、第5条、第7条、第8条に基づき当社が申込を承諾し、契約が成立した
        法人・団体・個人をいいます。
第3条  (規約の変更)
        当社は、本規約を変更することができます。変更後の本サ―ビスの提供条件は、変更後の規約によるも
        のとします。
        規約を変更するときは、変更日の1カ月前までに電子メ―ル等によりその内容を契約者に対し通知しま
        す。
第4条  (サ―ビスの品目)
        本サ―ビスの品目を次の通り定め、サ―ビス細目、料金等を別に定めます。
        1.ホスティングサ―ビス
            ドメイン名レンタルサ―バ―サ―ビス
            サブドメイン名レンタルサ―バ―サ―ビス
            ディレクトリ名レンタルサ―バ―サ―ビス
        2.メ―ルサ―バ―アドレスサ―ビス
        3.インタ―ネット接続サ―ビス
第5条  (利用の資格)
        本サ―ビスの利用にあたり、申込者は次の資格が必要です。
        1.法人または団体、個人で電子メ―ルまたはファックスでの速やかな対応が可能であること
        2.インタ―ネット上または郵送等で必要なファイルの送受信が可能であること
第6条  (利用の申込)
        本サ―ビス利用の申込は、当社所定の申込書または電子メ―ルにて行います。
第7条  (利用の承諾)
        当社は、申込記載事項を確認の上、これを承諾します。
第8条  (申込の拒絶)
        当社は、次のいずれかに該当する場合は、申込を拒絶することがあります。申込を拒絶したときは、申
        込者に対し書面をもって通知します。
        1.本サ―ビスに係わる運用・保守が技術上著しく困難になると判断されたとき
        2.申込者が、本サ―ビスの提供に係わる債務の支払いを怠るおそれがあることが明らかであるとき
        3.当該申込書に虚偽の記載をしたとき
        4.申込者が、当社の信用を毀損するおそれがある態様で本サ―ビスを利用するおそれがあるとき
第9条  (契約品目の変更)
        契約者は、当社所定の様式によって、当社に対して契約している品目の変更を請求することができます。
第10条(申込記載事項の変更)
        契約者は、申込書に記載された事項に変更があった場合は、電子メ―ルまたは当社所定様式によって速
        やかに届け出をおこなってください。この届け出が遅滞したことによって契約者が被った不利益に対し
        て,当社は一切、責任を負いません。
第11条(権利譲渡の禁止)
        契約者は、本サ―ビスに基づき当社に対して有する権利を、第三者に譲渡、質入れその他一切の処分を
        することはできません。
第12条(サ―ビス内容の変更)
        当社は、契約者に事前に通知することなく、本サ―ビスのサ―ビス内容を変更することがあります。
第13条(サ―ビスの中止)
        当社は、次の事由があるときは、契約者に事前に連絡することなく、一時的に本サ―ビスを中止するこ
        とがあります。
        1.システムを緊急に保守するとき
        2.地震、洪水など天災、火災、停電などの災害または戦争、動乱、騒乱、労働争議があったとき
        3.その他、当社が運用上必要と判断したとき
第14条(サ―ビス範囲)
        本サ―ビスによって契約者が得る情報および利益について、当社はなんらの保証もおこないません。
第15条(サ―ビス利用期間)
        契約者は、課金開始日から6カ月は最低利用期間として本サ―ビスの提供を受けることとし、以降の継
        続更新も6カ月を継続の単位とします。
        契約者は、最低利用期間の後、解約を希望する1カ月前までに当社所定の書式に従って申し出ることに
        よって、契約を解約することができます。
        申込書にサ―ビス利用期間が規定されている場合は申込書の内容を優先します。
第16条(発信情報)
        1.契約者が発信する情報はインタ―ネット技術を利用したテキスト、画像、動画、音声等のマルチメ
            ディアで当社がサポ―トする範囲内のホ―ムペ―ジに限ります。
        2.契約者が発信するホ―ムペ―ジ情報から第三者の情報へリンクを行なう場合は、リンク先の情報に
            関しても契約者が設置した情報とみなすことがあります。
第17条(禁止行為)
        契約者は、本サ―ビスを利用するにあたり次の行為ならびに次の行為に結びつくおそれのある行為を禁
        止します。
        1.法令等に違反する行為
        2.公序良俗に反する行為
        3.犯罪的行為
        4.第三者の財産、プライバシ―、著作権等を侵害する行為
        5.第三者を誹謗中傷しあるいは第三者に不利益を与える行為
        6.意図的、非意図的に係わらず本サ―ビスの運用、維持に支障をきたす行為
第18条(情報の削除)
        契約者が、第17条記載の行為を行なった場合、あるいはその禁止行為に結びつくおそれがあると当社
        が判断した場合、当社は契約者に何ら通知することなくホ―ムペ―ジ情報を削除することができます。
第19条(契約解除)
        契約者が、次のいずれかに該当したとき、当社は何らの催告をすることなく直ちに契約者との契約を解
        除することができるものとします。
        1.契約者が,契約上の債務の履行を怠ったとき
        2.契約者が規約に定める業務の履行を怠ったとき
        3.申込書に虚偽の記載を行ったことが明らかになったとき
        4.契約者が、他の契約者または一般インタ―ネット利用者に迷惑をかけることが明らかになったとき
        5.契約者の行為が日本の法律に反すると認められたとき
        6.契約者が反社会的な活動をおこなったとき
第20条(著作権等)
        契約者が、本サ―ビスを利用して公開した情報に関する著作権の取り扱いは次のようにします。
        1.契約者ホ―ムペ―ジ情報から第三者のホ―ムペ―ジへリンクを行なおうとするとき、リンク先が許
            諾制をとっている場合には契約者は事前にリンク先の情報所有者から許諾を得ること
        2.契約者はホ―ムペ―ジ情報が第三者の著作権を侵害しないことを保証すること
        3.万一、当該情報について第三者との間で著作権等に係わる紛争が生じた場合は、契約者は、自己の
            責任と費用においてこれを解決すること
第21条(損害賠償)
        本サ―ビスの利用に関連して発生した損害等については、次の通りとします。
        1.本サ―ビスの利用により発生した契約者の損害、不利益に対し、当社は一切の責任を負わず、損害
            賠償の義務はないものとします。
        2.当社は、本サ―ビスの利用により契約者が第三者に与えた損害、不利益に対し、一切の責任を負い
            ません。当該損害、不利益等は、契約者が自己の責任と費用においてこれを解決しなければなりま
            せん。
第22条(利用料金)
        契約者は、別途定める料金を、条件に従い支払うものとします。


        付記 本利用規約は1998年12月1日から適用