■事業の見直し

●事業を再定義し、ターゲット市場にあった事業戦略・販売戦略を立案し、安定した収益を目指します

私達は、これまで、若者の起業支援や中小企業の再生事業に取り組んでまいりました。中小企業様の再生事案のご相談を受けますと、後継者問題で多くの方が悩まれているということです。
しかし、後継者がいない場合でも、これまで培ってきた、製品力やサービス、経営ノウハウを社会に役立て還元させ、収益を上げる方法は切り口さえ変えればたくさんあります。
そこには、従来からの「事業継承」とは異なりますが、リタイアに向けて収益を上げ続けるのもひとつの方法です。
私達は、「ご一緒に事業をやりましょう」といった、協業スタイルで応援いたします。「廃業はもったいない」とお考えの経営者の皆様、是非一度、ご相談ください。
事業やサービスを再定義し、ターゲット市場にあった事業戦略・販売戦略・ウェブ戦略を立案します。
事業再生概要立案まで無料でサポートいたします。

●事業継続が困難になる要因

中小企業が事業を継続していく際の経営課題は、主に4つに集約されます。
1 後継者問題、人的問題
2 市場変化、技術変化への対応の遅れ
3 資金繰り
4 自らのアイデンティティを見失う
これらの4テーマを中心に、ヒアリングと企業経営診断を行い、「事業再生」に向けたアイデア企画案を考え、「事業継続」のための事業プランづくりをおこないます。

●事業再生の切り口

私達が協業スタイルの事業タイアップ型「事業再生」を成功させる切り口は次のとおりです。
1 後継者問題、人的問題の解決
   協業会社との人材交流を軸に人件費を調整しながらを人的バランスを整えます。
   役員、従業員は、必ずしも経営者に向いているとは限りません。
2 市場構造の変化、技術変化への対応の遅れの解決
   インターネット技術を中心としたシステム化とコミュニケーション戦術により市場の変化に対応します。
3 資金繰りのご相談
   資金調達のご相談をお受けします。
4 自社のアイデンティティの確立
   自社の製品やサービスを再定義し、ターゲット市場にあった販売戦略を立案します。