■スリランカ進出支援

当社は、成長著しい新興国スリランカに日本の中小・中堅企業が進出する際のサポートをおこなってきました。
日本ではすでに、社会ニーズが低くなった分野のビジネスも発展する可能性があるなど、切り口を変えることによりビジネスの幅は広がります。

スリランカとのパイプと私たちのノウハウを活し、スリランカをスタートとして、インドやバングラディシュ・ネパールなどの新興国とのビジネス展開をすることもできます。
スリランカの情報は、私たち運営するsrilanka-japan.netを是非参考にしていただきたいと存じます。
私たちのグループが、堅実な日本の中小・中堅企業様にスリランカ進出をお勧めする理由をご紹介します。

現在、スリランカの成長著しい産業分野は次のとおりです。
・コロンボを中心にアジアの金融都市としての発展
・紅茶やアーユルヴェーダ、世界遺産(8箇所)など従来型産業と高級ホテルを連携させる観光産業の発展
・会計士、弁護士、IT技術者などの人材育成によって世界のビジネスアウトソーシング受託産業の育成
・周辺国との2国間協定や国際支援の枠組みによる土木建設などインフラ充実のための産業

また、上記4項目に対し、日本への期待が大きく、かつビジネスの中で中小・中堅企業が参入し成功する可能性の高い分野についてまとめてみます。

資金需要に応える金融支援企画
・マイクロファンド
・資金調達ニーズへの対応
従来型のツアー観光のほか世代ごとのロングステイ型の新しい観光
・世界遺産観光
・アーユルヴェーダショートステイ
・女性・ファミリー向けショートステイ
・シニア向けロングステイ
・若者向けサーフィンなど滞在型バケーション

国際的な英語を中心とするビジネスやネット販売などのアウトソーシングやサポートセンター業務
・英語でのサポートセンター
・オフショア開発(・エンベデッドシステム開発 ・金融システム開発・インターネットシステム開発)
・テクニカルテスト(工業製品テストやペネトレーションテスト)
JICA支援活動や日本の支援で顕在化しているビジネス
・建設機材事業(レンタル含む)
・地デジ移行へのビジネス
・Light Rail Project ビジネス
・教育産業
・広告事業(インターネット・情報・印刷)

日本の行き届いたホスピタリティサービスの考え方はどの産業でも受け入れられ、現在のスリランカにはない新しいサービスが展開できます。